まずはじめにUNI.B.ARというプロジェクトの一角を担う

球想球詩』を手掛けている男を紹介しておきます

kyusoukyushi

kyusoukyushi

下田という男

僕と同じく美容師なんですけど

この男 野球が好きなんです

一般的な好きとは次元が違うというか

傍から見てても気持ち悪いくらいの野球オタクなんです

『急遽当日の試合の解説お願いします』とオファーが来ても 一試合まるまる喋り続ける自信があると豪語してます

そんな彼がある日相談に来たんです

野球の本を出版したい と

何を言ってるんだ この男は

ってなりますよね 普通

まぁ無碍にも出来ないので ブログでも始めたら?と

アクセス伸びれば出版の目安になるし

ひょっとして何処ぞの出版社からお声がかかるんじゃない? と

内心 すぐ飽きるだろうと思ってました

それが昨年11月末やったと思います

 

暫く経った今年の2月 彼が嬉しそうにやってきて

『今日で記念すべき100話目の更新なんです』と

一瞬なんの話か僕が忘れてましたけどね

当初アメブロでスタートさせた野球コラム

1日最低1話更新を誓い せっせと書き続けてたんですね

こんなシーズンオフの期間に何をそんなに書くことがあるんだろうと

その時初めて読んでみたくなったんです

球想球詩』を読まれた方はわかるとおもうのですが

まぁ一話の長い事長い事

大半は選手の成績など数値も入っているんですが※男は基本スペックマニア カタログスペック等数値が大好きなんです

でも面白いんですよ

そこで初めて僕自身思い描いていた一つの構想

ユニフォームマジック』とリンクしたんです

これを主軸に面白い事が出来そうな予感

 

UNI.B.ARを始めるひと月前のお話

 

つづく